カレーに溶けているのは高級な牛肉と母親の愛情

小学低学年だった姉が母親に言った、「いつも腐らせるじゃない!」。
私、「どうしたの?何を怒ってるの?」
姉、「お客さんから頂いた高級な牛肉の賞味期限が切れてるの」
母親、「賞味期限が切れても食べられるわよ」
姉、「私は賞味期限が切れたものは食べないからね!」
そのような会話があったことは、幼かった私はスグに忘れる。
その日の晩、
小学高学年の兄、「あれ、A子(姉のこと)は?」
母親、「・・・」
兄、「お前、A子を知らない?」
私、「姉ちゃんなら、自分の部屋にいるよ」
兄、「呼んで来ようか?」
母親、「呼ばなくて良い」
その日の夕食は子供も好きなカレー。
子供達が夕食を終えた頃、父親が仕事から帰って来た。
父親、「今日はカレーか?」
私、「どうして、カレーって分かったの?」
父親、「父ちゃんは何だって分かるんだ」
私、「スゲえな、父ちゃん」
父親、「あれ、A子は?」
私、「姉ちゃんは自分の部屋にずっといる」
父親、「A子を呼んで来て」
兄が席を立ち上がろうとすると、
母親、「食べたくない子は、食べさせなくて良いの」
父親、「何があった?」
理由を聞いた父親、「A子、部屋から出て来なさい」
姉、「・・・」
父親が姉の部屋に行くと、説得された姉は部屋から出て来てカレーを食べた。
父親、「カレーは旨いな?」
姉、「賞味期限切れのお肉は入ってないよね?」
父親、「良く見てみろ、カレーに肉なんて入ってないだろ?」
姉、「うん、入ってない」
父親、「母ちゃんの作ったカレーは旨いだろ?」
姉、「・・・」
姉は返事をしなかったが、母親の作ったカレーを泣きながら食べた。
ミーツタウン 口コミ